花優日シリーズ 桜と左馬

1,200円(税込1,320円)

花優日シリーズ 桜と左馬の根付です。

■花優日シリーズ
■大きさ:歩形
■材質:薩摩黄楊
■紐:麻紐


■麻紐
日本人は古来麻(ヘンプ)に親しんできました。紀元前8000 万年(約1万年前)の鳥浜遺跡(福井県)で麻縄が出土した例もあります。現代でも、注連縄(しめなわ)や鈴緒(すずお)、相撲で横綱が身につける化粧まわしなど神事に関係する場面や、七味唐辛子(※黒い粒は麻の実)など意外なところで活用されています。 ヘンプは、茎(繊維部分、木質部分)、種、葉、花穂、根といった全ての部位を、産業用途に活用することができます。たとえば、茎の繊維部分は衣料や紙、断熱材、プラスチックの原料となり、茎の芯部分は家畜の敷料や建築材料として、麻の種(実)は食品や食品油、化粧品、バイオ燃料などに利用可能です。