伝統工芸品 天童将棋駒の由来

天童駒の由来は、江戸時代末期にさかのぼります。 武士の生活が厳しい状況に置かれ、藩としても生活の救済策を考える必要がありました。当時の家老吉田大八は「将棋は戦闘を練る競技のため、将棋の駒を作るのは武士の面目を傷つける内職ではない」として、その製造を奨励しました。これが天童駒の始まりといわれています。 天童駒の特徴は、草書体の書き駒ですが、近年は彫り埋駒、盛り上げ駒などが作られ、名人戦や王将戦などプロの対局に使用されています。天童市が全国の9割以上を生産し、天童の将棋駒は1996年、伝統工芸品に指定されています。

 

ホリコシの将棋駒

材質・木地について

高級品はツゲ(本黄楊)で作られます。なかでも、東京都の御蔵島に生息している御蔵島黄楊と、鹿児島県の薩摩黄楊が最高級品とされています。 当店で製作している勇心作・越山作・山上作の将棋駒は、この最高級品とされている薩摩黄楊を使用しています。 黄楊の木地には、「斑」(ふ)あるいは「杢」(もく)と呼ばれる、木地の色が一部違う部分が入っているものがあり、その入り方によって虎斑(虎の斑点のような模様)・根杢・くじゃく杢(孔雀が羽を広げたような模様)などと呼ばれます。斑や杢の入っているものは、工芸的価値も高く、より高級品となります。また、柾目にも種類があって、「赤柾」(柾目が赤いもの)「糸柾」(糸のような柾目のもの)などがあります。 当店の普及品の将棋駒は、薩摩黄楊の代用として、天童市を含む東北地方に生息しているカエデやホオノキなどを用いています。

 

彫り方について

当店の彫り駒(勇心作 越山作 山上作)は 機械彫り印刀仕上げです。一枚一枚 職人の手仕事で仕上げております。お求めやすい価格で納得のいく将棋駒制作を心がけています。

 

仕上げ方について

仕上げ方は、高濃度ヤスリ仕上げ・ろう磨き・面取り仕上げです。